ブログトップ

Shadow Box(シャドーボックス)&Chiekoのあれこれ日記

shadowbox.exblog.jp

<   2010年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

完成しました。

2月から制作をはじめた『あじさい通り』ようやく額装が完成し我が家に届きました。
f0055961_9124334.jpg

作品は勿論の事、額、マットも作品の内です。
このあじさい通りは「雨に濡れ生き生きとした紫陽花」を表現したかったので、特別な溶剤を使い
雨露を表現しました。ですから、額に入れるマットはその辺りも効果的に作品を引き立たせて見せてくれる物を探しました。近所の額装店『Kato』(広尾)では、布を使ったマット加工ができるとの事で、シルク素材を選び光沢にこだわってみました。今回選んだ絹マットは紬(つむぎ)織と呼ばれる製法の絹布です。
そのほか、麻、コットン、と色のグラデーションも豊富です。
f0055961_9244531.jpg

完成した作品です。
搬入日ぎりぎりでしたが、間に合いました。ほっぅ。
素敵にな作品です、是非6月2日から開催する『シャドーボックスマスターズ作品展』へお越し頂きたいとおもいます。
[PR]
by ichieko0520 | 2010-05-31 09:00 | chiekoの制作日記

生徒さんの作品

先日シャドーボックスのお問い合わせを中学2年生から頂きました。
内容は、夏休みの課題作品にご自身で撮った写真をシャドーボックス(3D)にしたい言う事でした。
お母様が作ったシャドーボックスを見て、自分も作ってみたいと。
とても嬉しいお問い合わせです。ただ、シャドーボックスは作った事がないとのことでまず、「おためしレッスン」を受けて頂きました。

T.Kitazawa君の作品です。
f0055961_1743184.jpg

モチーフは船にしました。初めて使うクラフトナイフに力が入り切りずらそうでしたが、数分後には慣れてすいすいとカットが出来ていました。とても上手に切れました。
f0055961_1752313.jpg

帆に風を受け大海原を進む船を表現する為、マストの裏にワイヤーを貼ってみました。どうですか?風をいっぱい受けて悠々と進んでいる動きが出ている様に見えるでしょう。
f0055961_225479.jpg

「船ってどういう作りになっていたっけ?」「甲板は?」シャドーボックスでは船(本物)により近い表現にもこだわります。波をかき分ける力強さも伝り迫力がありますね。とても上手にできました。

夏休みの課題楽しみですね。

続いての作品はお母様のJ.Kitazawaさん作品です。
フラワーバスケットを作りました。
f0055961_221709.jpg

以前にシャドーボックスを作られた経験があるので、カットがとてもお上手でした。
f0055961_222144.jpg

花びらの表情、イチゴのまるみなど、綺麗に表現できています。次の作品が楽しみになります。

本日はご参加ありがとうございました。
[PR]
by ichieko0520 | 2010-05-16 22:02 | 教室日記

【お知らせ】シャドーボックス.マスターズ作品展 開催

f0055961_1365676.jpg

私が所属している『シャドーボックス協会』が主催する作品展のご紹介をいたします。

今回で10回と言う節目の作品展です。
全国でシャドーボックスの普及と制作にご活躍されているマスター会員が
40人出展します。とても見ごたえのある作品が出展されますので、
是非見にきて下さい。 私も「紫陽花通り」出展します。

f0055961_13727100.jpg

主催:Shadow Box Association
会場:田中八重洲画廊
日時:2010年6月2日~6月7日
   10:30~18:00(最終日6月7日は15:00閉館)
[PR]
by ichieko0520 | 2010-05-11 01:34 | 個展のお知らせ

紫陽花通り 完成です。

f0055961_1591732.jpg

『紫陽花通り』完成です。

一応ですが...と往生際が悪いでしょう。
インストラクションがあると、切るパーツもすべて決まってるので パーツを組み立て終わるとそれが、「形=完成」となるので、達成感が 即座に味わえるんですけど。

私の作品の様に、インストラクション無で作っていると、モチーフ通りにすべてのパーツを組み終わっても他に何かできるかな?とぐずぐず考えてしまいます。
答えがあるわけではないのでどこかで終わりを決めないと.....

小道と森のバランスも上手く表現できたし、紫陽花の花も「小手鞠」の様に 作れた。全体のバランスも良い色も本当に綺麗です。
つや出しスプレーをかけた後、雨にしっとりと濡れた紫陽花を表現する為、 クリスタルジェルをぬり「雨露」を表現しました。 これはなかなかの効果を発揮してくれています。

額入れに出し、仕上がりがとっても楽しみです。
是非みなさんに見て頂きたい作品です。
私の数ある作品の中で一番の出来です(毎年そんな事言ってる)

今回は本当に楽しく制作できました。あっという間の2カ月間。
大好きな紫陽花だったからでしょうか?

完成です。

『Shadow Box Master's Exhibition』
  Jun. 2,2010- Jun. 7,2010
[PR]
by ichieko0520 | 2010-05-09 15:10 | chiekoの制作日記

あじさい通り


私の作品【あじさい通り】の進捗です。
前回は、悩みの『土台作り』まで紹介でしたね。おかげ様であれからどんどん制作は進み、かなり仕上がってきました。
小道の傾斜(ポジション)が決まり(ほっ。)
ちょこちょこと作りだめした、紫陽花を奥の絵から構築していきます。
絵の大きさで3つのパートにわけてみようと思います。
遠近を表現する為、遠く(奥)の紫陽花の【花びら】はリアルにせず、
『群れあっている』動きのみの表現にしました。
f0055961_2355170.jpg


次は少しお花も大きくなってきたので、『紫陽花らしく』表現していきましょう。
f0055961_237476.jpg

装飾花(がく)を1組づつカットして組み合わせながら紫陽花を作っていきます。
ピンセットでカットした紙の断面を色塗りし、糊を付け。手鞠のように張り合わせます。
大きな花でも小さな花でも工程は一緒、手間は一緒です。
花の裏にはワイヤーを貼り、最後に花の動きを表現できるよう下準備をします。

作品を見てくださる方々は、真正面だけ見るだけでなく斜め45度からもきっとご覧になるでしょうから、少し自分なりのアレンジを施してみました。その辺り是非見て頂きたいところです。

「この絵は実際どんな情景だったのかな。」と想像しながら作るのも楽しみにの一つですし、シャドーボックスとして表現する醍醐味でもあります。
f0055961_2395520.jpg

この様に、お花を個々に作ります。何百枚花びらをカットしたかしら....
最終段階はメインとなる部位アジサイの花。
私がこの絵を作るにあたり最も表現したいのいは
『野生の生命力、力強さ、無造作(勝手)美しさ』
f0055961_23105811.jpg

後少し.... 今宵も深夜まで制作です。

かなり良いできですよ♪
[PR]
by ichieko0520 | 2010-05-06 23:31 | chiekoの制作日記

端午の節句

f0055961_0395966.jpg

五月は『端午の節句』ですね。
男の子の節句とも言います、都会ではゆうゆうと空を泳ぐ「鯉のぼり」
を見る事は殆どなくちょっと淋しい。
そういえば、恵比寿にある「たこ公園」に鯉のぼりがさがってたっけ。
少々窮屈そうでしたが、季節を感じました。

連休は作品展の制作にどっぷり浸かり、気がついたら5日になってました。

「兜と菖蒲」という何とも縁起に良い絵を、シャドーボックスにしてみました。
男の子は凛々しく、健康で1年を過ごして欲しいと願いながら....

余談ですが、端午の節句には厄除けに薬草である、菖蒲湯に入るという習わしがありますけど、「菖蒲」が「尚武(しょうぶ)」と音 が通ずる為という説もあります。
[PR]
by ichieko0520 | 2010-05-05 00:38 | ギャラリー