ブログトップ

Shadow Box(シャドーボックス)&Chiekoのあれこれ日記

shadowbox.exblog.jp

カテゴリ:教室日記( 28 )

生徒さんの作品

f0055961_22335177.jpg

生徒さんが作品展に出展するため頑張って作った作品の一部です。
この絵とても可愛いと思いませんか?この絵はイラストレーターで現在香港在住の今道千里さんの書いた絵です。生徒さんとはカメラのお教室でご一緒だった事が出会いのきっかけと話してくれました。彼女のイラストの殆どが愛らしい『犬』がモチーフです。
私もついつい絵を見てほほ笑んでしまいます。本当に犬好きな方なんだなと。
あまりに可愛いので、教室作品展に出展して多くの方に見て頂けたらと、今道さんへ作品使用のご確認をしていました。
そしてメールでご了承頂きました!
シャドーボックスは作家さんの絵をおかりして作品を作るので必ずおうかがいをしています。
今道さんには快く了解していただいて本当に感謝です。

作家さんの雰囲気やイメージを壊さないように今額装に出し完成を待つのみとなっています。
本当に素敵な作品です。是非見て下さいね。
[PR]
by ichieko0520 | 2010-08-18 22:48 | 教室日記

額装

生徒さんの作品が仕上がり、額装の段階となってきました。
広尾にある『Kato』でお見立てをしてもらいました。
私的にはこの絵は色が薄いので、ピンク系か赤系なんかで華やかにと考えていたのですが、
お店の方は紺、藍色、グレー系をマットの色として提案。フレームを綺麗目のブルーを持ってくると、シックでとても素敵す。マットは『紬のシルク』紬独特の「ふし」が質感を楽しませてくれそうですね。
生徒さんも納得のコーディネイトです。仕上がりが楽しみです!
f0055961_23274730.jpg

[PR]
by ichieko0520 | 2010-08-15 23:29 | 教室日記

【シャドーボックス】頑張りました。

夏休みの課題にシャドーボックスの技法を使った作品を作りたいと体験レッスン(帆船)をされた、中学生の生徒さん。
創作作品を作る前にシャドーボックスの技法を学んで貰う為もう一つ作品に挑戦です。
中学生も大人並みに忙しく、レッスンのスケジュールが合わず、ただ、次回教室までに時間が空きすぎると言う事で、個別のレッスンとなりました。

課題の絵は「時計屋さん」お母様のフォローもありレッスン時にはカットを済ませてこられたので、早速組み立てをしました。
インストラクション通り(順番の番号がある)重ね合わせたら完成ですが、これでは別の絵になった時に作れません、創作作品の制作も難しい。
どこから絵を組み立てるか、モチーフをピンセットでより本物の様に表現するやり方、糊の付け方、人物の作り方etc.....絵を見ながら説明していきます。
クラシックな絵でしたので、建物、時計など中学生には見識が無いものが多かった....説明に苦労しました。お母様のフォローに感謝!
f0055961_1738321.jpg

ピンセットを使い細かい作業が続きます。
f0055961_17461699.jpg

徐々に立体となっていく様子に、いたく感動していましたが、実際感動するんですよ。
f0055961_17521799.jpg

奥の時計、窓際の時計、壁、道、最後に人物を載せて完成です。素敵に仕上がりましたね。
生徒さんに「この絵はどの様な場面を表してるんでしょか?」と聞かれどきっとしてしまいました。
確かに「絵を読む」事が大切と教えている私。物質的に構築する事ばかり説明してましたが、絵にもストーリーがあるんですよね。これも正に『絵を読む』大切な要素だったと言う事を再確認しました。

「この店の店主と果物を差し出している子供の関係は?」もしかしたら時計屋さんのお隣は「果物屋」かも知れない。
「何を話しているのでしょうか?」
いつもお店の手伝いをして良い子だね。おじいさんも、一つみかんあげるよとか....
景気はどうだい?(これはないか...)

生徒さん、お母様と上の様なストーリーを作ってみました。
思わぬ視点から質問を受け、『画家がどんな思いを表現したかったのか、私達、見る側に伝えたかったのか。』そんな思いも制作には大切な ファクターだと言う事を。教えられました。
私達インストラクターは技法のみを教えがちですが、絵が表するメッセージとか ストーリーも生徒さんと考えながら進めていく事も、大切だな。と教えられました。

T.Kitazawa君の作品 『時計屋さん』Anton Peick
f0055961_1864345.jpg

良く頑張りましたね。
私もとっても楽しくレッスンさせて頂きました。ありがとう。
[PR]
by ichieko0520 | 2010-06-23 18:14 | 教室日記

【シャドーボックス】苦手なインストラクション作り

シャドーボックス協会主催作品展も無事終了し、大きなイベントも終わりました。
会場へ足を運んで頂い皆さま本当にありがとうございました。作品展を通して、今後シャドーボックス制作、教室運営など、自分は、どうかかわって行こうか?と常々思っていた事が明白になりました。それが大きな収穫でした。

さて、次は9月に開催予定の我が教室である「Chieko shadow box生徒作品展」開催に向けて準備中です。協会に入り、教室を立ち上げて2年を迎える事ができました。
生徒さんもまだ、人数も少なく期間も短い状態ですが、みなさん楽しくシャドーボックスを作っています。
作品は大きなものではなく、2回から3回で仕上がる小さな絵をモチーフに使い、シャドーボックスの基本を習っています。

教室を主催している『The Artcomplex Centre of Tokyo』(ACT)より作品展開催の為、展示会場のスケジュールを我シャドーボックス教室に頂きました。

それに向けて、レギュラーの生徒さんに、Donna Mosesの作品をにTryして貰います。
制作期間も少ない....のに、鬼の様な先生ですが。
Donnaさんの絵は額入れに特徴が有ります。生徒さんには初めての作業が多いので、インストラクションは
きちんと作らないといけません。しかしながら私、このインストラクションつくりが大の苦手なんです。
f0055961_6365094.jpg

5枚使用でどこを切るか、指示する為にインストラクションは生徒さんに必要なのです。絵だけをみながら
完成を頭の中で思い描きながら、枚数分カットする部分を赤ペンを使って指示するんです。
自分はインストラクションはないまま、制作するタイプなので、この作業が苦痛でなりません。指示間違えをして切り損じが起きたらどうしましょう......同じものをダブって指示てないか?5枚のコピーをじっくり見てチェックしていきます。カットする前に頭の中で完成状態を想像するわけです。
f0055961_619739.jpg

この作業をしているといつも思います。私「ボケないわ、きっと!」脳が疲れますけど
生徒さんに頑張って頂くためにも、先生も頑張ります。
[PR]
by ichieko0520 | 2010-06-22 06:35 | 教室日記

生徒さんの作品

先日シャドーボックスのお問い合わせを中学2年生から頂きました。
内容は、夏休みの課題作品にご自身で撮った写真をシャドーボックス(3D)にしたい言う事でした。
お母様が作ったシャドーボックスを見て、自分も作ってみたいと。
とても嬉しいお問い合わせです。ただ、シャドーボックスは作った事がないとのことでまず、「おためしレッスン」を受けて頂きました。

T.Kitazawa君の作品です。
f0055961_1743184.jpg

モチーフは船にしました。初めて使うクラフトナイフに力が入り切りずらそうでしたが、数分後には慣れてすいすいとカットが出来ていました。とても上手に切れました。
f0055961_1752313.jpg

帆に風を受け大海原を進む船を表現する為、マストの裏にワイヤーを貼ってみました。どうですか?風をいっぱい受けて悠々と進んでいる動きが出ている様に見えるでしょう。
f0055961_225479.jpg

「船ってどういう作りになっていたっけ?」「甲板は?」シャドーボックスでは船(本物)により近い表現にもこだわります。波をかき分ける力強さも伝り迫力がありますね。とても上手にできました。

夏休みの課題楽しみですね。

続いての作品はお母様のJ.Kitazawaさん作品です。
フラワーバスケットを作りました。
f0055961_221709.jpg

以前にシャドーボックスを作られた経験があるので、カットがとてもお上手でした。
f0055961_222144.jpg

花びらの表情、イチゴのまるみなど、綺麗に表現できています。次の作品が楽しみになります。

本日はご参加ありがとうございました。
[PR]
by ichieko0520 | 2010-05-16 22:02 | 教室日記

生徒さんの作品

生徒さんの作品をご紹介します。
坪野さんの作品 
f0055961_2384826.jpg

フラワーフェアリー『The Lilac Fairy』9cmX13cm
やや大きめの作品を頑張ってつくりました。
妖精がお花とどんなお話をしているのでしょうか?ついつい耳をそばだててみたくなりそう。
カットにも慣れない作業で小さなライラックの花びらを切り取るのは、さぞ大変だった事とおもいます。
カット断面の色塗りもしっかりとなさっっているので、輪郭もしっかりと表れ絵全体が明るく
仕上がりました。
f0055961_239988.jpg

フラワーフェアリー『The Laburnum Fairy』9cmX13cm
黄色の花びらを丁寧にカットしたかいあって、花びらの重なり合いがとてもリアルに表現できまた。また花、枝の裏にワイヤーを貼り、風に吹かれるような動きを出すなど表現にこだわった作品になりました。
[PR]
by ichieko0520 | 2010-04-25 23:10 | 教室日記

生徒さんの作品

坪野さん制作中 フラワーフェアリー『The Laburnum Fairy』9cmX13cm
和名「キンブサリ」というお花。藤の様に連なった綺麗な黄色の花です。
気持ちが「うふふ..♪」と楽しい気分にさせてくれる軽やかな絵。
f0055961_19295958.jpg

f0055961_19592660.jpg

お花が小さいのでカットするパーツも多い所に、お花の動きを表現する為、ワイヤーを貼って張りを持たせます。とっても細かい作業ですが。出来上がりは素晴らしい作品になります。頑張りましょう。

木原さん制作中『Gallery shop』15cmX23cm
f0055961_19595131.jpg

風景画です。奥行きをどうとらえるか、壁に沿って咲く花の表現の仕方が課題です。
木原さんはお家でどんどん制作をされているので、次回教室には仕上がっていることでしょう。仕上がりがとても楽しみです。

角田さんの作品『果物屋』Anton Pieck 7cmX14.5cm
f0055961_200263.jpg

初めての作品が完成しました。
カットもとてもお上手そして、裁断面の処理もきちんとなさっているので仕上がりがとてもきれいです。
[PR]
by ichieko0520 | 2010-03-22 19:57 | 教室日記

Energy Place(エナジー プレイス)

f0055961_1919568.jpg

月2回のシャドーボックス教室。
いつも教えるのに忙しくて.....見えていなかった。
生徒さんとても楽しそう♪

Workshop Roomも沢山のArt作品が飾られていて制作にとても
良いパワー(波動)が貰えます。
みなさん頑張って作りましょう!
[PR]
by ichieko0520 | 2010-03-22 19:19 | 教室日記

明けましておめでとうございます。

f0055961_21135048.jpg

2010年が始まりました。「あっという間に過ぎる1年」ならば中身が濃い1年にしようと思う私でございます。
皆さまにとっても素敵な年でありますように。今年もどうぞ宜しくお願いいたします。
[PR]
by ichieko0520 | 2010-01-03 21:11 | 教室日記

今年の教室は無事終了しました。

早いものですね、今年もあと残すところ1日となりました。
ACT主催、「シャドーボックス教室」は今年度スケジュールは終了です。
振り返りますと生徒さんを通して私自身学びの多い一年だったと思います。
そんなエピソードを書いて反省会としたいと思います。

今年は生徒さんのMegさんが作品展へ初出展を経験されました。
人に見て頂く緊張感や、他出展者との交流で私意外の方から評価を聞く事で、今後の制作へ挑戦する励みになった事と思います。001.gif

また、お住まいが遠い方なのですが、東京に上京された時お越しいただいてる生徒さんがいらっしゃいます。
とても熱心に制作に打ち込まれる方で、シャドーボックスに対する目標もしっかりお持ちです。
私しも微弱ながら力になれたらと思うほど!
そもそも彼女が私の教室を訪ねて下さったのは、「日曜日、都心で教室をしている所が私のところしかなかったという事でした。」
シャドーボックス教室は沢山ありますが、確かに日曜日やっている所は恐らく少ないのでしょう。
しかも都心で。そういった意味では、Chieko シャドーボックス教室が果たす役割というかニーズがる事がわかり大変嬉しく思いました。少々運営に煮詰まってきていた時でしたから身が引き締まったと言ったところでしょうか?001.gif008.gif

シャドーボックスを作って見たいけど、「お試しレッスンはありますか?」問い合わせが
ありました。私の教室では残念ながらお試しレッスンは企画されておらず,,,
それでも、何度か問い合わせを頂き、
「お試しレッスン」をプログラムに加えることになりました。お問い合わせから時間が
過ぎてしまっていたにもかかわらず辛抱強くまっていてくれた生徒さんに感謝です。
大変満足して頂き、レギュラーレッスンを受けてくださってます。


月並みですが、理想と現実のはざまで教室の運営で悩む事が多々あり、自分の中の認識だけでは良い考えに至らなかった事を、これらのエピソーゾの様に「初心」を忘れている自分にはっとさせられました。
来年はこの気ずきを形に変えられるよう頑張っていきたいと思います。

皆様どうぞ来年も宜しくお願いします。001.gif
[PR]
by ichieko0520 | 2009-12-30 17:13 | 教室日記