ブログトップ

Shadow Box(シャドーボックス)&Chiekoのあれこれ日記

shadowbox.exblog.jp

【アート】ギャラリー銀座一丁目 (奥野ビル)

友人のお父様にお誘い頂き、待ち合わせの
銀座一丁目にある『ギャラリー銀座一丁目』に行ってきました。


地図を見ながら「奥野ビル....奥野..」通りを歩くと
なんと私の大好きフレンチレストラン「ペリニョン」あがある筋沿いでした。
「もしや...」いつもレストランに行く時に気になっていた
道路に面した1階に、大きな丸窓がある
画廊のような?雑居ビルのような?古い建物がその、
「奥野ビル」だった。001.gif

ホールに入ると20近いポストの8割は画廊の名前で埋め尽くされて
いて、『画廊のマンション』のようだ。
『ギャラリー銀座一丁目』を確認して4Fへ
この空間は昭和のはじめに建てられたのか、エレベータは手動の
指針式のオールド・スタイル(現在殆ど目にすることはめったにない)
ちょっと乗るのが怖かったので、階段を使ってゆくと
コンクリートむき出しの管内には4畳から8畳ほどの小さな部屋
に沢山絵が展示していた。(画廊)
とてもレトロな空間で、心地良さを感ました。「昔はきっとハイカラな
人々が集い賑わっていたのかな?」

少々息を切らし4階につくと、マイミクのお父様が
「良くいらっしゃいました[m:50]」と迎えてくれました。

8畳ほどの『ギャラリー銀座一丁目』
大人6人ほどはいったらいっぱいな空間。
こちらのマダム、真木さんを紹介して貰いました。
画廊のマダムの他、気功師の顔をもつ何とも
ミステリアスな女性で魅力的な方でした。
また、この画廊は、あの「ヒロヤマガタ」画伯も
ついこの間展覧会をしているほど
(もっと早く来たかった。。。)有名な画家達が集って
いるコミュニティーらしい。
この日は「臼杵秀之」展(~4/15)でした。(別日記に書きます)
銀座の画廊は敷居が高くて気楽に入りにくいなと思って
いましたが、こちらは気軽に見に行けます。
夕方遅くに伺ったのでその他のギャラリーを見れなかったので
別の日にゆっくり見にいこうと思います。

後で聞いたのですが、このビル昔はそうとうトレンディーなアパートメント
だったんですって。小さな部屋も納得です。
建築も非常に面白い構造で迷路のようなつくりでした。
現在は奥野ビルとなり、知る人ぞ知るタイプのギャラリーが多い
ようです。納得。
皆様も銀座へ行った時は、足をのばしてみて下さい。
銀座って奥深いですね。


ギャラリー銀座一丁目
http://www.ginza1.jp/

奥野ビル内 画廊
http://geiriki.com/ba/index.cgi

参考:銀座好景録
http://www.ginza.jp/kokei/kk06.html
[PR]
by ichieko0520 | 2008-04-13 13:33 | 個展のお知らせ
<< 【アート】臼木秀之の仕事展 春らしくスキンを変えてみた。 >>