ブログトップ

Shadow Box(シャドーボックス)&Chiekoのあれこれ日記

shadowbox.exblog.jp

いよいよ明日撮影です。

8月に入り、教室の展覧会準備、生徒さんの夏休み課題作品のお手伝い、 1週間がどんどん過ぎていきます。 そんな中、私の作品を短編映画に使うというお話が浮上 。

埼玉県の映像産業の活性化と、若手クリエーターの育成を目的とした事業 で県の委託を受けて「コバトンTHEムービー」を制作している 株式会社デジタルスキップステーションいう映像会社からの依頼でした。

その動画サイトの主要コンテンツである映画部門の1作品で
なんと「シャドーボックス」を使うというのです。
私もシャドーボックスと言う工芸芸術を多くの方に知って頂く為(何より大好き)細々ながらご紹介を
しているわけですが、映画で「シャドーボックス」を取り扱って下さったら、少なくとも映画を見て下さる
埼玉県の方がたには知って頂けるわけです。これは大変嬉しい事です。早速協会へその旨お伺いをして許可を頂きました。
担当の方と撮影監督にシャドーボクスが映像として十分に良さが表現できるか?
打ち合わせをさせて頂き「照明」を工夫してやってみようと
明日撮影の運びとなりました。制作ロケ現場に同行させて頂きます。

私は勿論ですが、シャドーボックス自体写真でご紹介はあっても、動画で使われるなんて珍しい事なので、わくわくしています
数分のシーンと思いますが.....

「ふたりの扉」
ストーリー:「少女時代の思い出の旧村役場。壁 に刻まれた落 書き。
奉安殿に残された誓いの印。
その一つ一つが、大人となった親友2人を苦しめ、そして結びつ ける」。
友情に 苦しみ、そして歓ぶ人間の話。~20分
どうシャドーボックスがかかわってくるか、お楽しみです!
[PR]
by ichieko0520 | 2010-08-13 00:19 | chiekoの制作日記
<< 【作品展準備】ウェルカムボード 【シャドーボックス】教室作... >>